創造神クリエール

2431【SP】

2431

能力

勢力 陣形 TYPE COST
創造神 創造五皇陣 5

Lv. HP
0 720 445 620 115
1        
2        
3        
4        
5        
6        
7        
8        
9        
10        
11        
12        
13        
14        
15        
16        
17        
18        
19        
20        
20        
21        
22        
23        
24        
25        
26        
27        
28        
29        
30        
31        
32        
33        
34        
35        
36        
37        
38        
39        
40        
40        
41        
42        
43        
44        
45        
46        
47        
48        
49        
50        
51        
52        
53        
54        
55        
56        
57        
58        
59        
60        
60        
61        
62        
63        
64        
65        
66        
67        
68        
69        
70        
71        
72        
73        
74        
75        
76        
77        
78        
79        
80        
80        
81        
82        
83        
84        
85        
86        
87        
88        
89        
90        
91        
92        
93        
94        
95        
96        
97        
98        
99        
100        

限界突破

突破ボーナス
HP
     

突破回数1 突破回数2 突破回数3 突破回数4
COST Lv.
上限
COST Lv.
上限
COST Lv.
上限
COST Lv.
上限
  40   60   80   100

基本技

効果 回復量 効果量
ランダムに味方を回復&状態異常耐性&被ダメージダウン 200 20%

神羅万象

効果
味方全体を回復&状態異常耐性&被ダメージダウン

Lv. 回復量 効果量
1 120 52%
2    
3    
4    
5    
6    
7    
8    
9    
10    

神羅万象チョコ

マステリオンの消滅とともに「光の戦士」と守護獣との合神は解けた。
その時、大きな地響きと共に魔創卵が崩れ始めた・・・崩壊した魔創卵の下から姿を現したのは創造神クリエールであった!
古の時代人間と魔王との戦いで人間に加担し四聖獣を託した神であり、
魔王が魔界に退散した際、道連れにされ、魔創卵に封印されていたのだ。

「遥か昔、世界征服を企む一人の魔導士が地上界に魔王を召喚しました。
四人の勇敢な人間が世界を救うため戦いを挑みましたが、その力には限界がありました。
その窮地に私が四聖獣を託したことが魔人誕生の始まりでした。そしてその末裔である今の貴方達へと繋がっているのです…。」
創造神は「光の戦士」の困憊しきった身体を癒し、彼らと共に戦ったベリアールの石化を解いたのだった。
そして感謝の意を込めて「光の戦士」を地上界へと送り、自らも天界へと帰って行った。その使命を全うした守護獣と共に・・・。

「神羅万象」、それは過去の事象によって生まれ存在する全ての者が次の世代へと未来への可能性を引き継いでいくこと。
世界の人々はそれが平等で自由なこの世界で唯一与えられた使命であることを悟るのであった…。


  • 最終更新:2012-12-10 02:11:49

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード